MENU

高校生が使える自宅用の脱毛器はあるがメーカーが禁止している事が多い!


高校生でも17歳18歳にもなれば皮膚の厚さは大人とほぼ同じ厚さになるので基本的には脱毛エステサロンや美容クリニックなどでも本格的な光脱毛やレーザー脱毛の施術をする事が出来ます。未成年になるので親の同意書などは必要になりますが、高校生からはほとんどのサロンやクリニックで施術を認められています。

 

 

しかし、自宅で使用出来る家庭用脱毛器の場合はエステサロンやクリニックで使用する脱毛器に比べて出力も低く安全なはずですが、施術する人が素人になるのでメーカー側は万が一の皮膚トラブルを考えて、高校生の使用は禁止しています。
ほとんどの本格脱毛が出来る自宅用の有名脱毛器は未成年の使用を認めていません。

 

 

 

メーカー側が認めていないので皮膚トラブル、火傷などの万が一のトラブルを想定しての補償がありません。
ただし、補償がないと言う事は自己責任になるだけですが、使用する事は出来ます。特に高校生でも17歳、18歳の皮膚の厚さは大人と同等と言われているので皮膚トラブルの確立も上がるわけではないのです。

 

 

しかし、何度も言いますが家庭用脱毛器を使用しての高校生の脱毛処理は補償がありません!
この点に不安が大きい場合は使用を控えるべきですね!

 

 

 

 

実際には高校生で家庭用脱毛器を使用して脱毛している高校生は多い!


脱毛器側のメーカーが未成年の使用を禁止している事が一般的な家庭用脱毛器ですが、実際に高校生でも使用しているケースは多いです。
高校生が直接購入するケースよりも、母親が購入して、その子供である高校生が使用するケースが多いのです!

 

 

 

親も注意しなければいけませんが、購入者が大人でも使用者が高校生の場合は皮膚トラブルの補償は無いのです。
それでも補償よりも自宅でこっそり本格脱毛したい欲求が強い場合には高校生が自身で脱毛するか、親に脱毛してもらっているのでしょう!

 

 

 

補償が無くても構わないから自宅で本格脱毛したいと言う希望が強い場合は家庭用脱毛器でも出力が調整出来る家庭用脱毛器を選ぶのがポイントです。高校生の皮膚は大人の皮膚の厚さと変わらない場合が多いですが、万が一の事を考えて脱毛器の出力数を最低レベルで試すのが良いでしょう!

 

 

最低レベルの出力で目立たない部分の脇の下などで試し打ちをして、その後皮膚にダメージが無いようなら高校生でもその家庭用脱毛器の出力レベルなら使用出来ると言えます。
出力が低レベルから選択出来る家庭用脱毛器については「チェック!高校生可の家庭用脱毛器」で紹介しています。

 

 

 

しかし、繰り返しになりますが、脱毛器のメーカー側は未成年の使用を認めていません!高校生で家庭用脱毛器をは使用する事は出来ますがすべて自己責任になります!肝に銘じましょう!

 

 

 

 

女子高生の脱毛エステ&クリニック
男子高校生の脱毛エステ&クリニック
出力調整が出来る家庭用脱毛器
男女可!抑毛クリーム(ジェル・オイル)