MENU

高校生(15歳16歳17歳18歳)のムダ毛処理法!女子も男子もムダ毛対策しよう!


高校生にもなると、女性も男性も自分のムダ毛が気になってきますよね!
中学生では難しかった本格的な脱毛も高校生では皮膚が厚くなり可能になる事が多いです!

 

 

 

現在の高校生は女子である女子高生だけでなく、男子高校生も脱毛をする時代です!
女子の脱毛の目的は名前の通りムダ毛を取る事ですが、男子高校生の脱毛の目的は胸毛やヒゲ脱毛以外のムダ毛ではムダ毛そのものを薄く目立たなくする事が目的である事が多いです。

 

 

 

男性の場合はツルツルでは逆に気持ち悪いですからね!
女子も男子も高校生になれば本格的な脱毛が出来ます。本格的な脱毛法は皮膚の上に出ているムダ毛だけを処理する除毛とは違い、毛根を弱らせる事にあります。

 

 

 

本格脱毛で弱らせたり、死滅させたムダ毛の毛根は次回の発毛で非常に薄く目立たなくなります。
男子高校生はココでムダ毛処理をストップさせる事がベストですが、女子の場合はムダ毛そのもを無くす事が目的である事が多いので、薄く目立たなくなっても継続して本格脱毛をする事でその部分のムダ毛は生えてこない「永久脱毛」や「不再生毛」と呼ばれる状態になるのでこの状態にする事が目的ですね!

 

 

 

 

高校生の脱毛は親の同意者や親の許可が必要なケースが多い事も知ろう!


脱毛と言えば、エステサロンや美容クリニックが有名ですが、未成年である高校生の場合は親の同意者が必要になるので必ず親に同意書を書いてもらうか、同伴で一緒に行く必要があります。

 

 

しかし、自宅でも本格脱毛が出来る家庭用脱毛器があります。このような家庭用脱毛器を利用しても本格脱毛は出来ますが、皮膚トラブルを考えると購入前に親と話し合いをする必要はありますね!また、家庭用脱毛器のメーカーのほとんどは未成年の使用を禁止しているので、家庭用脱毛器での高校生の脱毛は完全自己責任になります。

 

 

まったく親と話し合いをせずに脱毛したい場合には完全なる光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛とは違いますが、ムダ毛を薄く目立たなくする「抑毛クリーム」と言われるクリームもあります。こちらは通販ですぐに購入出来るので、目的がムダ毛の完全脱毛でない場合はまずは「抑毛クリーム」で試すのも方法の1つですね!

 

 

親の同意書があれば利用出来る本格エステサロンやクリニックについては「高校生可!エステサロン(クリニック)」で紹介しています。
自宅で使える家庭用脱毛器については「出力の調整可!家庭用脱毛器」で紹介しています。
抑毛クリームについては「高校生可!抑毛クリーム」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

 

 

高校生の本格ムダ毛処理・ムダ毛対策は大きく分けて大きく3つある!


15歳から18歳までの高校生でも本格脱毛が出来ます。中学生と違い皮膚に厚みが出てくる年齢になり、皮膚に多少ダメージを与える光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛でも皮膚トラブルが起こる可能性が低くなります。

 

 

また、技術の進歩もあり、光脱毛やレーザー脱毛自体も質が上がり、皮膚にはダメージを与えず毛根のみに反応する精度の高い脱毛器も誕生しています。
さらに、光やレーザーを使わずに皮膚上に塗るクリームやジェルなどでも毛根を弱らせるタイプの商品も開発されています。

 

 

そんな毛根を弱らせる本格ムダ毛対策ですが、高校生でも可能なムダ毛対策は大きく3つあります。
以下高校生でも可能で効果があるムダ毛対策法です。

 

 

 

@ 15歳以上が利用出来る脱毛エステサロン(クリニック)を利用出来る!


本格ムダ毛処理が出来る1つめの方法は脱毛エステサロンや美容クリニックを利用する事です。
15歳以上になると、エステサロンによっては本格脱毛の光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛をする事が出来るエステサロンやクリニックがあります。
しかし、未成年なので、親の同意書が必要になります。

 

 

つまり、親の承諾は必要ですが、承諾書や同意者があれば本格脱毛が出来ます。
もちろん、親子同伴でエステサロンやクリニックに行く事で施術は可能です。

 

 

15歳以上が可能な脱毛エステサロン(クリニック)については「チェック!15歳から可能な脱毛サロン(クリニック)」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

A 家庭用脱毛器を利用して本格脱毛が出来る!


2つめの高校生でも出来る本格ムダ毛対策は「家庭用脱毛器」を使う事です。
母親が家庭用脱毛器を持っている場合は親子で使用する家族も増えていますね!

 

 

自宅で使える家庭用脱毛器でも現在は光(フラッシュ)やレーザー式のような毛根を弱らせる本格ムダ毛対策が出来ます。
家庭用脱毛器が無い場合は通販で本格脱毛器を購入する事が出来ます。

 

 

エステサロンやクリニックに2年以上通う事になれば、一家に1台の家庭用脱毛器を購入したほうが経済的です!
特に高校生の娘だけでなく母親もムダ毛処理に悩む場合は親子で購入するのも1つの方法です。

 

 

しかし、注意点があります。実は家庭用脱毛器のほとんどは未成年への使用を禁止しています。
使用を禁止している為、万が一皮膚トラブルになっても補償が無いので自己責任になります。

 

 

高校生で家庭用脱毛器を使う事はすべてにおいて親の自己責任ですので、出来れば高校生の子供に使わせるのではなくて親が主体的になり、高校生の子供の脱毛を脱毛器で脱毛してあげましょう!

 

 

その時に光の出力数を調整出来るのですが、まずは最小で試す事が絶対条件ですね!

出力が調整出来る本格脱毛器については「チェック!出力が調整出来る家庭用脱毛器」で紹介しているので参考にしてください。

 

 

 

 

 

B 抑毛クリームを使う事で細く目立たないムダ毛にする事が出来る!


高校生のムダ毛対策の中で最も心配なく安易に出来るのが「抑毛クリーム」で抑毛を行う事です。
抑毛とはムダ毛の毛根に作用して太く濃いムダ毛を細く、目立たないムダ毛に変える方法です。脱毛ではなくて「抑毛」なので基本的にはムダ毛を無くす事は出来ません。

 

 

本格的な光脱毛やレーザー脱毛をしても、毛根を弱らせるので次に生えてくるムダ毛は薄く細くなりますが、抑毛クリームは本格脱毛のレベルよりも一歩下のレベルと考えてください。

 

 

効果の面では、クリームやジェルと言う事もあり、本格脱毛法と違い低い効果かも知れませんが、高校生のムダ毛ならこの抑毛クリームでも細く目立たなくなる可能性は高いですね!

 

 

このムダ毛対策は脱毛ではなくて、ムダ毛を細く目立たなくする「抑毛」がメインの方法なので高校生でも女子だけでなく男子にも使用率が高い商品です。
女子高生の場合も本格脱毛をするには、まだ年齢的に抵抗がある場合は「抑制クリーム」でムダ毛を細く薄くする人が多いです。

 

 

さらに、ムダ毛が細く薄くなっても抑毛クリームを使い続ける事でムダ毛が生えてこない「不再生毛」になるケースもありますので、このような場合は脱毛になりますね!

抑毛クリームの商品については「チェック!高校生でも使用出来る抑毛クリーム」で紹介しているので参考にしてください。

 

 

 

男子高校生が使うデメリットとしては、ムダ毛を根絶させたい部分でもある胸毛などを無くす事が出来ない点です。

 

これはあくまでも細く目立たなくする方法なのでムダ毛を無くして「永久脱毛」や「不再生毛」にしたい場合は本格脱毛でもある光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛を使用してください。

 

 

 

 

確認!女子高生・男子高校生のムダ毛処理対策の違いを知ろう!


高校生のムダ毛対策と一言で言っても女子なのか?男子なのか?又は脱毛したいのか?薄く目立たなくするだけで良いのか?などの目的でも使用するサービスや商品は違ってきます。

 

 

高校生でも男子高校生ならムダ毛を目立たなくする抑毛(よくもう)クリームで全身のムダ毛を薄くする事を目的とする高校生は多いですが、女子高生の場合はムダ毛の完全処理が目的の場合が多いと思いますので、その場合はやはり、エステサロン(クリニック)や自宅にて家庭用脱毛器を使用する事が基本です。

 

 

さらに男子高校生でも、ムダ毛部分によっては完全に脱毛したい目的が多い「胸毛」や「尻毛」、「髭(ひげ)」などに関しては抑毛クリームではなくて、光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛が出来るエステサロン(クリニック)に通うか家庭用脱毛器の購入がベストです!

 

 

高校生でも条件に合わせてどんなムダ毛対策をするか決めておきましょう!

 

高校生の目的別のムダ毛対策方法
女子で完全脱毛したい場合

@脱毛エステサロン(クリニック)でコース完了まで処理をする 
A家庭用脱毛器でムダ毛が生えなくなるまで処理する

女子でムダ毛を薄く目立たなくしたい場合

@抑毛クリームを使用する 
A脱毛エステサロンや家庭用脱毛器で数回の処理をする

男子で完全脱毛したい場合

@男性用の脱毛エステサロン(クリニック)でコース完了まで処理をする 
A家庭用脱毛器でムダ毛が生えなくなるまで処理する

男子で薄く目立たなくしたい場合

@抑毛クリームを使用する 
A脱毛エステサロンや家庭用脱毛器で数回の処理をする

●高校生が可能な女性用の脱毛エステサロン(クリニック)については「女子高生可のエステサロン(クリニック)」で紹介しています。
●高校生が可能な男性用の脱毛エステサロン(クリニック)については「男子高校生可のエステサロン(クリニック)」で紹介しています。
●自宅で使える高校生でも可能なように出力を調整出来る人気の家庭用脱毛器については「チェック!出力調整可の家庭用脱毛器」で紹介しています。
●高校生でも使えるムダ毛を目立たなくする「抑毛クリーム」については「チェック!高校生可の抑毛クリーム」で紹介しています。

 

高校生の年齢別(15歳・16歳・17歳・18歳)のムダ毛対策&脱毛対策法


同じ高校生でも年齢によって平均的な皮膚の厚さが違ってきます。子供の頃は皮膚が薄く、本格的な脱毛である光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛の場合は皮膚にダメージを与える影響が大人よりも強いとされています。

 

 

年齢と共に皮膚は厚くなり、18歳前後でほとんど大人と変わらない皮膚の厚さになっていきます。(もちろん個人差もあります)
あくまでも平均ですが、年齢別に皮膚に対応できるムダ毛対策法&脱毛法を紹介しています。

 

 

 

 

男女共用!15歳&16歳のムダ毛対策法&脱毛法!


15歳や16歳の高校生になったばかりの場合は皮膚の厚さは個人差もありますが、大人よりも薄いです。
皮膚にダメージを与える可能性がある光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛をする場合は出力を最低レベルから試す事が大切です。
エステサロンやクリニックは年齢も考慮するので対策が出来ているはずですが、自宅で家庭用脱毛器を使う場合は注意が必要です。

 

 

はやく脱毛したいから、効果を高めたいからと出力を高めでフラッシュやレーザーをしてしまうと、薄い皮膚の場合火傷などの皮膚トラブルを起こす可能性があります。家庭用脱毛器で親に施術してもらうにしても、自分で施術するにしても出力は最低レベルで実施しましょう!その後、皮膚に影響が無いと判断した場合は出力を高めてみましょう!

 

 

しかし、エステサロンやクリニックははプロが実施しますが、家庭用脱毛器での施術は本人や親の施術になると思います。
家庭用脱毛器のメーカーは未成年の使用は基本認めていませんので、高校生への使用に対してのトラブルは自己責任になりますので注意してくださいね!

 

 

15歳&16歳のオススメのムダ毛対策法は抑毛クリームを使ってムダ毛を細く目立たなくする事がベストです。
クリームやジェルを毎日塗るだけなので火傷などのトラブルも無いので安心して使用出来ますね!
抑毛クリームについては「高校生でも使える抑毛クリーム」で紹介しているので参考にしてください。

 

 

どうしても抑毛(よくもう)ではなくて、「脱毛」をしたい場合は親と話し合いエステサロンやクリニックにするのか?家庭用脱毛器を使うかの決断をして親の許可を得ましょう!

 

 

 

男女共用!17歳&18歳のムダ毛対策法&脱毛法!


17歳や18歳になると平均的には皮膚の厚さは大人と変わりありません。
もちろん、個人差もありますが、本格的な脱毛である光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛をしても極端に皮膚トラブルが多いというデータもありませんね!

 

 

脱毛サロンや脱毛クリニックに於いても施術可能な年齢は17歳や18歳からにしている脱毛店も多いです!
ただし、17歳や18歳でも20歳に満たない未成年になりますので、万が一の皮膚トラブルを考えて脱毛サロンや脱毛クリニックのほとんどは「親の同意書」を必要としています。

 

 

しかし、親の同意書があれば、ほとんどのエステサロンやクリニックで脱毛やムダ毛対策を実施出来るでしょう。
また、家庭用脱毛器に於いても15歳の年齢と比べれば皮膚が厚くなっているのでその分、出力数を低く抑えれば本格脱毛が出来るでしょう。
(ただし、家庭用脱毛器のほとんどは万が一の事を考えて未成年の使用を認めていないので自己責任になります)

 

 

15歳や16歳の時に抑毛クリームなどで対処してもムダ毛が細く目立たなくならなかった人でも皮膚に厚さが出ている17歳や18歳になればより効果が高い光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛での施術の門が広がります。

 

 

17歳や18歳の高校生は効果が弱い抑毛クリームよりも、本格的な毛根を弱らせる脱毛である光(フラッシュ)やレーザーを使用しても皮膚トラブルの頻度が大人と変わらない程度に低いのでより安心して使えると思います!

 

 

 

まずは、同意者があれば、利用可能な脱毛エステサロンやクリニックで試してみるのがベストですね!
家庭用脱毛器は基本的に未成年の使用をメーカーが認めていないので、私のオススメはプロが施術する高校生でも可能なエステサロンやクリニックです。

 

 

高校生でも可能なエステサロンやクリニックでの脱毛店については女子は「チェック!女子高生が使える脱毛サロン(クリニック)」で、男子は「チェック!男子高校生が使える脱毛サロン(クリニック)」でそれぞれ紹介していますので参考にしてください。

 

 

チェック!高校生でも使える・利用出来るムダ毛対策&脱毛サービス&商品


ここでは、高校生が利用出来るムダ毛対策サービス&脱毛サービス(商品)を紹介しています。

 

 

脱毛エステサロンや美容クリニックでも15歳になると利用出来る店舗が増えてきます。もちろん、未成年である場合は親の同意書を必要とするケースが多いです。

 

また、家庭用脱毛器については基本的に未成年の使用はメーカー側で禁止していますが、皮膚が大人と同じ厚さになる高校生あたりから皮膚トラブルを起こす可能性はぐっと減ります。(もちろん、商品メーカー側が未成年の使用を禁止している場合はすべて自己責任になります)

 

 

もっとも、安心で高校生が独自で出来る本格ムダ毛対策は抑毛クリームを使う事ですが、抑毛クリームの場合は脱毛ではなくてムダ毛を薄く目立たなくさせるクリーム(ジェル・オイル)ですので、脱毛したい人ではなくてムダ毛を弱らせて細く目立たなくしたい人向けです。

 

 

実際にムダ毛が薄い場合は抑毛クリームで毛根からムダ毛が再生しない「不再生毛」になるケースはありますが、「不再生毛」や「永久脱毛」を目的とするなら本格脱毛の光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛のほうが効果的です。

 

 

大切な事はどんなムダ毛対策を自分がしたいのかを決める事ですね!

 

 

 

 

女子高生が利用出来る脱毛エステサロン(クリニック)まとめ!


女子高生が利用出来る脱毛エステサロン、脱毛クリニックをまとめています。

 

本格的な光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛を実施したい場合は参考にしてください。
また、初回の施術では完全な脱毛ではなくて次回のムダ毛を細く目立たなく、さらにムダ毛の量を減らす事になります。

 

 

何回も処理をする事で完全な「不再生毛」や「永久脱毛」になりますのでエステサロンやクリニックには平均で2年は通う必要がある事も念頭に置いておきましょう!

 

 

さらに、高校生は未成年なので親の同意書が必要になります。親の同意書が無い場合は親が同伴で行かなくては施術が出来ません。
親との話し合いもしてみましょう!

 

 

ミュゼプラチナム




大人気のミュゼは高校生でも施術が可能です。
ただし、他のエステサロン同様で未成年なので親の同意書が必要です。

 

光(フラッシュ)脱毛でも最先端の脱毛器を使用して行う脱毛は痛みがほとんど無いと高い評判ですね!
高校生でミュゼ脱毛したい場合、まずは公式サイトを確認してください。

 

高校生がミュゼ脱毛で抑えるポイント
@ 光(フラッシュ)脱毛式の脱毛法である
A 16歳未満は脱毛完了コースが6回コース
B 生理が順調に来ている事が条件
C 保護者の同意書(直筆の署名・捺印)

 

 

 

 

 

 

脱毛サロン「KIREIMO」



 

脱毛サロンKIREIMOは質が高い光(フラッシュ)式の脱毛が出来きて、高校生での施術も可能なエステサロンです。
15歳以上で施術を受ける事が出来ます。親の同意書が必要です。

 

高校生が「KIREIMO」脱毛で抑えるポイント
@ 光(フラッシュ)脱毛方式である
A 高校1年生(15歳)以上が受けられる
B 保護者の同意書(直筆の署名・捺印・コース選択)

 

脱毛サロン KIREIMO

 

 

 

 

 

脱毛サロン「エピレ」



 

脱毛サロン「エピレ」は光(フラッシュ)式の脱毛で施術出来ます。エピレの特質と言えば7歳以上からの脱毛が可能な事です。
ほとんどの脱毛店は高校生(15歳)からが多い年齢条件ですが、異例とも言える7歳脱毛は一時マスコミなどでも取り上げられましたね!

 

 

高校生が脱毛サロン「エピレ」の脱毛で抑えるポイント
@ 光(フラッシュ)式脱毛法である
A 7歳以上から脱毛が可能
B 保護者の同意書&保護者への電話確認も有り
C 顔やVIO脱毛などの皮膚トラブルが出やすい箇所の脱毛は保護者の同席が必要

 

【エピレ】両ワキ脱毛6回が500円!無理な勧誘なし!安心して通える!

 

 

 

 

男子高校生が利用出来る脱毛エステサロン(クリニック)まとめ!


女子高生と同様で、男子高校生も15歳からエステサロンでの利用が出来ます。
人気の髭(ひげ)や胸毛の脱毛、尻毛脱毛などほとんどの脱毛が施術出来ます。

 

 

しかし、女子高生と同様で未成年になるので親の同意書が必要になります。
親に悩みを打ち上げて本格脱毛をしてみましょう!同意書に勝手に印鑑やサインをして持って行ってはダメですよ!(意外と多いようです)

 

 

 

「メンズリゼ」クリニック


「メンズリゼ」クリニックは光(フラッシュ)式ではなくてレーザー式の脱毛法です。
光脱毛と違い永久脱毛と公言出来る「レーザー式の脱毛法」です。

 

 

効果が高い事で知られるレーザー脱毛ですが、メンズリゼでは15歳(高校生)からの施術が可能です。
条件としては親の同意書が必要な事です。ムダ毛を薄く目立たなくしたい箇所も永久脱毛したい箇所もカウンセリングにて伝えるだけでその通りにしてくれるメンズリゼ!

 

 

高校生が「メンズリゼ」クリニックで脱毛をする上で抑えるポイント
@ レーザー脱毛式の脱毛法(効果が高い)である
A 未成年の場合は同意書が必要
B 15歳から施術可能

 

 

 

 

「メンズキレイモ」脱毛サロン



 

光(フラッシュ)式の脱毛で人気が高い「メンズキレイモ」。
店舗数が少ないですが、東京近辺に住んでいる場合は痛みも弱く効果が高い光(フラッシュ)式の脱毛法を持つ「メンズキレイモ」で脱毛する事が出来ますね。

 

 

高校生がメンズキレイモで脱毛する場合に抑えるポイント
@ 光(フラッシュ)式脱毛である
A 高校1年生(15歳)以上が受けられる
B 保護者の同意書(直筆の署名・捺印・コース選択)

 

脱毛サロン MENS KIREIMO

 

 

 

 

出力を調整出来る家庭用脱毛器まとめ!(高校生も使用出来るがメーカー認めず!)


高校生のような皮膚の厚さになれば、基本的に大人と変わりないので通常の本格的な光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛が出来る家庭用脱毛器を使用する事は出来ます。

 

 

しかし、ほとんどの家庭用脱毛器は、万が一の皮膚トラブルなどを考えて未成年の使用を禁止しているメーカーがほとんどです。
つまり、家庭用脱毛器の購入で自宅で本格脱毛をしてトラブルがあっても補償はありません。

 

 

家庭用脱毛器での本格脱毛はすべて自己責任での使用になります。
もし親もムダ毛処理をしているなら家庭用脱毛器の共同購入を頼んで家族で使用するのもアリですね!(ただし高校生の場合は自己責任になります

 

 

以下が高校生にも向いている出力を調整出来るタイプの家庭用脱毛器です。
始めは低い出力で目立たない箇所の脇の下などに当てて皮膚反応を調べてみましょう!大丈夫なら痛くならない程度まで出力を上げていきましょう!

 

 

 

 

ケノン光(フラッシュ)式脱毛器


ケノンは家庭用脱毛器の中で最も人気が高く使用率も多い脱毛器です。
痛みが弱く、効果が認められているケノン独自の光(フラッシュ)式の脱毛器です。

 

 

他の脱毛器と違い、カートリッジも安く、経済的に使用する事が出来ます。
芸能人や有名アスリートなども使用している事から一般的にも人気が高まってきた脱毛器です。

 

 

 

 

 

 

 

トリアレーザー式脱毛器


医療従事者でしか施術出来ないレーザー式の脱毛を独自の開発により、家庭用脱毛器として使用出来るようになりました。
家庭用脱毛器としての販売が認められた要因は出力数を抑えた事です。

 

 

トリアのレーザー脱毛器はさらに出力の調整が出来る為に、本格的にレーザー脱毛する前に最小出力で試して皮膚ダメージの有無を確認する事が出来ます。ケノンよりは痛みは強いですが、その分効果が高めです!

 

Amazonショップのトリア脱毛器シリーズ
トリア脱毛器(Amazon) トリア脱毛器の通販一覧

 

 

 

 

高校生可能の抑毛クリーム(ジェル・オイル)まとめ!


高校生はすべて完全な脱毛である「不再生毛」や「永久脱毛」を目指しているわけではありません。
ムダ毛が濃いので、細く、薄く目立たなくするだけでも良いと考える高校生も多いですね!

 

 

そんな目的の場合に人気なのが抑毛(よくもう)クリームです。
抑毛クリームは毛根に浸透して毛根からのムダ毛の成長を抑制させてくれるクリーム(ジェル・オイル)です。

 

 

さらに、抑毛クリームを毎日塗って毛根の成長が弱まり細く薄くなったムダ毛を再生する毛根にも抑毛クリームを塗る事で光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛で実現出来るようなムダ毛が生えてこない状態の「不再生毛」になる事もあります。

 

 

濃くて多いムダ毛を細く目立たなくしたい場合には抑毛クリームを使用するのが最も効率的です。
また、細いムダ毛の部分は「不再生毛」になり生えてこなくなる事がある為、全体的のムダ毛の量も少なくなります。

 

 

光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛と違って火傷などの皮膚トラブルが起きないので安易に始める事が出来ます。
本格脱毛したいけど、皮膚トラブルが怖い、また費用が用意出来ないなどとお困りの場合は、まずは抑毛クリームでどのくらい効果があるのか試してみるのもムダ毛対策方法の1つですね!

 

 

 

 

コントロールジェルME(抑毛)



 

顔と全身に使える抑毛ジェルです。痛み無し、刺激無し、臭い無し!
天然植物成分を使用しているので高校生は元より小さい子供でも使用する事が出来る抑毛ジェルです!
日本製品なので安心して使用出来るはずです!

 

敏感肌のお子様にも使える⇒ムダ毛対策ジェル!!

 

 

 

 

 

ヘアーリデューシングクリーム



 

「脱毛大国トルコ発」の全身使える除毛抑毛クリームです。
通常の抑毛クリームだけでなく除毛成分も含まれているので除毛しながら抑毛効果が期待出来ます。

 

日本製品ではなくて海外製品なので抵抗が無い場合はオススメです!
また、女子の場合は除毛もしてくら抑毛クリームを付ける人が多いのでこの「ヘアーリデューシングクリーム」なら一石二鳥ですね!

 

 

【ヘアーリデューシングクリーム】

女子高生の脱毛エステ&クリニック
男子高校生の脱毛エステ&クリニック
出力調整が出来る家庭用脱毛器
男女可!抑毛クリーム(ジェル・オイル)